MENU

大きすぎるTVの音どうしてる? 高齢者に快適なスピーカー探し 

ここ数年、日々の生活で私が一番悩まされたのが「大きすぎるTVの音声」です。いつからかはっきりは覚えていないのですが、つれあいがTVを見ているときの音が少しずつ大きくなりました。当初は気を使って、我慢していたのですが、何年か経つうちに私がギブアップ。音対策にいくつかスピーカーを試してみて今は、首に引っ掛けるシャープのネックタイプのスピーカーに落ち着いています。このスピーカーにたどり着くまでの顛末です。

目次

最初に買ったのはゼンハイザーのヘッドフォン

つれあいのプライドを傷つけることなく、TVの音を小さくしてもらいたい!
まずは、ゼンハイザーのぶら下げるタイプのヘッドフォンを通販生活で購入。
イヤホンをつけてくれは言いづらいけど、飛躍的に音がよくなるなら納得してくれプライドも満足するかと思いチョイスしました。

到着後試しに聞いてみると、いつも聞いている音と全然違う、クリアで厚みのある音。
TVの音なのにとにかくキレイ!とびっくりの音質です。

しかし、つれあいはぶら下がるタイプが好みではなったようでした。
耳に入れる部分のキャップがなくなった、充電できない、電池が切れたなどクレームが多発。そのたびに私は探し回ったり、接続を確認したり。電池は、電気屋さんで売っていないため、メーカーの日本市支社から取り寄せです。

結局、ゼンハイザーはあきらめました。商品が悪いのではなく、使いたくないという抵抗がスゴイ。
音がいいため、いつかは私がクラシックをきこうと大事にとってあります。

次はビクターの手元スピーカー

手元スピーカーは、私のもくろみとは違った形でとてもお役にたってくれています。
普通のコード付きイヤホンを手元スピーカーにつけ聞いてくれるようになったのです。

使っているのはこれの前期種 ⇒ Victor JVC SP-A900-B テレビ用ワイヤレススピーカーシステム

購入したときの私のもくろみは、「手元に置けば音は小さくなるだろう」でした。
しかし、手元に置いても音の大きさはあまり変わらないのです。狭いリビングですからTVとの距離はせいぜい3m。
3mが1m弱になったところで、違いはありません。むしろスピーカー面が私の仕事部屋に向いているときは音が大きいような気すらします(実測していないので、気のせいかもしれません)。

しかし、この手元スピーカーによりコード付きイヤホンが使えるようになりました。
昔ながらのイヤホンを使うのは嫌だろうと思っていたのですが、その方がしっくりきたようです。
TVにイヤホンを差し込むには距離がありすぎますが、手元スピーカーになら近いため楽勝。
かくしてリビングに穏やかな時が戻りました。つれあいに感謝!

たどり着いたのはシャープのネックスピーカー

とりあえず静寂は戻ったものの、コード付きのイヤホンには難点が2つあります。

①トイレに立つ時やキッチンに行くときに外さなくてはならない
②TVを見ているときは声をかけても聞こえない

この2つを解決してくれたのが、ネックスピーカーでした。
ワイヤレスイヤホンでは①はクリアしてくれますが、②が解決しませんよね。

使っているのはこれ ⇒ ウェアラブルネックスピーカー AQUOSサウンドパートナー

ネックスピーカーは音がオープン(イヤホンではないということ)なので、使い心地もかなりいいようです。
側にいると、私にも小さく音が聞こえてきますが、ほとんど気にならない程度。
普段はTV本体の音はOFFになっていますので、私がTVの音を聞きたいときは、手元スピーカーを使います。
最小の音ですむのでとても快適です。

聞こえづらくなったら ストレスのないスピーカーやイヤホンを探そう

年を重ねると、昔と違うところが出てきます。
自分が床から立ち上がる時にスッと立てなくて、手をつきながらゆっくり立ち上がっていることに気が付いた時は、やっぱり若い頃とは違うと苦笑いをしたものです。
耳も同じ。つれあいは80歳、若い頃とは違います。80年、毎日使って壊れずにいるスピーカーや携帯電話なんてないだろうと思います。80年使ってもまだまだ活躍する人間の耳は本当によくできていますよね。

でも、ちょっと聞こえづらくなったかな?と思った時は、周りへの音の配慮を忘れずに。
そして、使い心地のいいスピーカーやイヤホンで、快適にTVを楽しめたらそれはそれでよしとしましょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる